政府系金融機関を利用するための方法

しっかりした事業計画の作成

政府系金融機関と言えば、代表的なものとして日本政策投資銀行や日本政策金融公庫などがありますが、その大きな特徴はなんと言っても借り易さではないでしょうか。特に日本政策金融公庫などは起業前・創業初期の企業への融資に力を入れていますので、実績の少ない企業などにとってはとても助かる金融機関といえるでしょう。
ですが、いくら借り易いとは言っても、金融機関であることに変わりはありませんので審査はしっかり行います。民間の金融機関と同じように自己資金割合調査や事業計画書などの提出も求められます。
ただ、この時に民間の金融機関はどちらかというと自己資金割合などを重視しますが政府系金融機関は事業計画を重視します。ですから政府系金融機関を利用するに当たっては事業計画を念入りに作成するのがいいでしょう。

窓口相談歓迎の政府系金融機関

事業計画書などというと、今まで作成したことのない人にはかなり高いハードルに感じるかもしれません。民間の金融機関に作成の方法を教えて下さいと言ってもきっと取り合ってくれないしょう。ですが、政府系金融機関は窓口相談にもしっかり対応してくれますので、実際に融資を受けたことがない人でも丁寧に教えてくれます。もちろん事業計画書の作成方法だけでなく、具体的に用意するべき自己資金やその他事業を営む上で必要な経営方針などについても相談に乗ってくれます。ですので起業前や創業間もない企業は民間の金融機関に相談する前に政府系金融機関で相談されてみてはいかがでしょうか。また、一度借入の実績が出来ることで今後民間金融機関での融資を受けやすくなるというメリットもあります。