政府系金融機関で資金調達をするメリット

低金利と審査の通りやすさ

政府系金融機関で融資を受けることで得られる大きなメリットの一つが金利の安さです。事業資金に限らず何らかの目的でお金を借りた時に発生する金利の額は返済の負担を左右する重要なポイントの一つと言えます。政府系金融機関は一般的な銀行の金利に比べて圧倒的に安く設定されているのが特徴です。そのため、高額な融資であっても金利の負担の心配がいりません。
そのほかにも、審査の通りやすさも政府系金融機関ならではのメリットとして挙げられます。融資を受ける上で必要不可欠となる審査は企業としての規模や実績によって判断されることから、収入が不安定と言う理由で断られるケースも少なくありません。その点、政府系金融機関は可決率が高いのが特徴で、実績の無い新規事業の企業でも審査が通りやすいとされています。

専門的な相談を受けることができる

政府系金融機関の利用には相談やアドバイスが受けられるというメリットもあります。一般的な銀行の場合、融資先の事業内容に踏み入らないスタンスを取っているケースが多いのに対して、こちらの機関は内容を問わず相談を受け付けているのが特徴です。
これは利用者の立場に立つことで身近に感じてもらってより商品力を高めてもらいたいという基本理念に基づいた考えから来ています。こうした点は新規で事業を立ち上げた人や経営について専門的な知識を持っていない人にとって大きなメリットです。
万が一経営の悪化などを理由に返済が困難となってしまった場合でも減額交渉の相談を受けてくれます。こういった柔軟で臨機応変な対応をしてもらえる点も政府系金融機関の利用におけるメリットです。