事業資金の調達方法には色々な種類があります。金融機関からの融資、エンジェル投資家の利用、株の発行など。今回は特に金融機関からの融資について民間金融機関と政府系金融機関の違いに焦点を当ててみていくことにします。

民間金融機関

民間金融機関で資金調達するメリット

企業が成長するためには、新製品の開発や製造、販売などに力を入れる必要があります。ただ、全てを自己資金で実施するのはリスクがあるので、民間の金融機関で資金調達をしている企業は多いです。民間の金融機関…

民間金融機関で資金調達するデメリット

事業資金を民間の金融機関で借りることも出来ます。しかし、デメリットもありその1つが金融機関によっては返済金利が高い場合もあることです。金利が高い場合は、返済する額が金利が低い場合と比べると高くなり…

政府系金融機関

政府系金融機関で資金調達をするメリット

政府系金融機関で資金調達をするデメリット

政府系金融機関を利用するための方法

ファクタリングの利用で損をしないための工夫

売掛金や手形の回収権利を専門業者に売却するファクタリングは買取価格が高い所を選ぶことを心がけます。また、債権に関する個人情報の流出を防ぐため、情報管理を厳格に行う業者を選ぶのが社会的なマナーです。

民間金融機関で資金調達するための方法

事業資金のための融資制度を活用

事業資金を確保する方法には、事業の資金を融資してくれるサービスを行っている民間金融機関を利用する方法があります。融資サービスを提供しているかどうかは、金融機関のホームページを見て確認します。金融機関は多くの場合、ホームページを開設しており行っているサービスを紹介している事が多いです。 また、一般的なキャッシングサービスと同じように融資の際には金利が発生する可能性があります。多額の資金を借りる場合は、金利が高いと大きな負担になるので出来る限り金利が低い民間金融機関で借ります。金利が少し違うだけでも、合計の返済額が大きく違ってくる可能性があります。当然、融資サービスを受けるためには審査もあり、審査に無事に通過した場合のみお金を借りることが出来る事を理解しておきます。

担保を準備するのがお勧め

民間の金融機関で事業資金の調達をする時には、担保を準備するのがお勧めです。融資してもらうためには、審査に通る必要がありますが、事業資金の融資は高額になることが多いので、審査の難易度も高いです。保証人を準備するだけでは物足りないこともあるので、審査に通る可能性を上げるために、担保を準備しておいた方が良いです。 担保は、もしあなたが借りた額を返済出来ないような状況になると、返済する代わりにその担保を金融機関に差し上げる形になります。担保として利用できるのは、土地や住宅になります。土地や住宅を担保にする場合は、返済出来ないような状況になると自分の大事な土地や住宅を失う可能性があるので、その点だけは注意します。